先輩からのメッセージ 

丸山早百合(人文学部卒) 

関越支店埼玉店 入社3年目


まわりの人がフォローしてくれる環境だから、頑張れる。


新卒でハイビック株式会社へ入社木材市場の埼玉店にて営業を担当。

「人と話すのが好き」を仕事にしたかった。

私が営業という仕事を選んだのは、人と話すことが好きだったから。

大学生時代には、サークルのマネージャーを務めたり、居酒屋でバイトをしたりなど、人と接することの多い環境を自然と選んでいました。なので、就活時に進路を考える時に“営業”という職業がパッと思い浮かんだんです。

なぜ、ハイビックを選んだのかというと、社員の人に魅力を感じたからです。面接時も、面接官の方がとても気さくで話しやすく、“人のことをきちんと見てくれている”という印象がありました。

実際に入社してからも居心地の良さを肌で感じています。話しやすい先輩が多く、困ったことはいつでも相談出来ますし、休みの日はみんなで一緒にスノボ旅行をするくらい仲も良いです(笑)

「失敗してもいい」その言葉があったから、頑張れた。

昔から負けず嫌いな性格で、ハイビックに入社したときも「新卒のなかでは一番になろう!」と目標を立てていました。大学では歴史学を専攻していたので、住宅の知識はあまりなかったのですが、とにかく一年間、がむしゃらに頑張りました。その結果、新卒に贈られる“新人賞の最優秀賞”をいただけたのは嬉しかったですね。

色々と挫けそうになることもありましたが、入社式で社長からいただいた「みなさんにはまず、失敗する権利を与えます」という一言で前向きに頑張れたと思います。

おかげさまで、「失敗してもいいんだ」と、余計な事を考えずに目の前の仕事に集中し、怯むことなくいろいろな事にチャレンジ出来たのが良かったと思っています。

頼られる存在になりたい。

会社に入って思うのは、本当に恵まれた環境にいるなということ。

後輩がミスをしてしまった時や、家庭を持つ女性が子育てで忙しい時などは、仲間同士でフォローしあえる環境なので、お互いに信頼して働ける。私はまだまだ若手なので、先輩に助けてもらうことの方が多いのですが、いつかは私が後輩や周りの人から頼りにされる存在になりたいなと思います。

また、女性の営業が少ないので、この分野でもっと活躍していきたいですね。その為には、足りない知識が多いので、もっと沢山のことを学び、分からない事はそのままにせずに、先輩や現場の大工さんにどんどんと質問して吸収し、成長していきたいです

<メッセージ>

いろいろな会社を見てほしい。

いろいろな会社を見てまわれるって、学生の特権だと思うんです。就活は大変だと思いますが、この機会を有効活用し、自分に合う会社を見つけてもらえたら嬉しいです。自分のやりたいことが「この会社で実現出来るだろうか?」という点だけは見失わずに、就活してほしいですね。